トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  イベント  >  広島の「姉妹都市を知ろう!」に参加しました



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広東省の高校生受け入れ第2陣。我が家の場合Part3 | トップページへ戻る | 2歳の娘とアラフォーのわたし

このページのトップに戻る

広島の「姉妹都市を知ろう!」に参加しました

2011年02月03日

広島にある、姉妹友好都市が6つあるのをご存じですか?

ホノルル・モントリオール・重慶・大邱・ハノーバー・ボルゴグラード。

そのそれぞれの都市を、より市民に身近に感じてもらう

「ヒロシマメッセンジャー」が

牛田小学校の4年生150人を前に、

「姉妹都市を知ろう!」

という企画で、それぞれの都市について
熱く語ってきました。

DSCF0785.jpg


私は、2011年度のヒロシマメッセンジャー・ボルゴグラード担当です。

実は、私自身はロシアに行ったことがない^^;

だけど、ヒッポにいるおかげで、

ロシアが未知の国という気が全くしない。

ロシアに行った子供たちの話を、

たくさんたくさん、

まるで自分が体験したみたいな気持ちで聞いているからかな!


各都市のメッセンジャーが
工夫を凝らしたパワーポイントで説明をするんだけど、

おどろいたことに、

「アンニョンハセヨ」

の挨拶は、すぐに、

「アンニョンハセヨ」

とこどもたちも返せる!てこと。

有名な歌手は?と聞かれたら、

「少女時代!kara! 」と!!

ほんとに日常的に韓国語が聞こえるようになってるんだわあと実感!!





それに比べたら。。
一般的にはロシアはまだまだ韓国ほど日常的じゃあないなあ。。。

すぐに

「ズドラーストビーチェ」

の挨拶もかえってこないし、

ロシアの生活事情もへえ~~って感じだった。



どこから見てもそこら辺にいるお母さんの私が
ロシアのことを紹介して、
ヒッポがみんなの「世界への垣根」を下げるのに、
役に立てたら、うれしいなあ。。!

牛田小学校のみなさん、スパシーーバ!

<キャサリン>








スポンサーサイト

広東省の高校生受け入れ第2陣。我が家の場合Part3 | トップページへ戻る | 2歳の娘とアラフォーのわたし

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。