トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  海外でのホームステイ交流  >  韓国ホームステイに行きました。



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広東省の高校生受け入れ第2陣。我が家の場合part2 | トップページへ戻る | 広東省の高校生受け入れ第2陣。我が家の場合。。

このページのトップに戻る

韓国ホームステイに行きました。

2011年01月31日

大学1年のたんぽぽです

12/24~12/30まで韓国の釜山に行ってきました。
PC250254.jpg

家族はパパ、ママ、ソユン(大学4年)、ソイ(高校2年です。)
ソユンは大学で日本語を専攻しているので、
日本語がぺらぺらでした。
だから私が韓国語を使う機会は少ししかありませんでした。
だけど、ソユンとソイが韓国語で話している内容や、
テレビ番組のトーク内容など
全部ではありませんが、
おおまかには分かりました(*^^)v

では韓国で撮った写真を紹介します~(^_^)/

ソユン、ソイと一緒にカフェに行ったり、wiiをしました。

PC250252.jpg

PC270271.jpg

これはママのキムチチャーハンです。
ママの料理の中で1番好きでした。

PC270265.jpg

キムチ冷蔵庫があって韓国っぽい!!と思いました(左の赤い方)

PC280281.jpg

久しぶりにホームステイをすることができて
楽しかったです。

ホームステイに行く側の気持ちを改めて感じることができ、
また、受ける側としての行動や、
ゲストとの過ごし方など再確認できました。

ソユンとは今もメールをしています。

この間は、

「5,6月に日本に行くので、その時は私の家に行きたい」

というメールが来ました。

「ぜひ来て来て!!」

とメールを送りました。

日本に帰ってから、
韓国語がより身近に感じるようになり、
家で流れているテープを韓国語にするようになりました。

韓国ホームステイの報告を韓国語で言えたらいいなあ、
と思い、
ちょこちょこですが、
ファミリーでは韓国語で報告しています。

あまり頭で考えずに思った事を言えるようになるのが目標です。

ありがとうございました。

<たんぽぽ>
スポンサーサイト

広東省の高校生受け入れ第2陣。我が家の場合part2 | トップページへ戻る | 広東省の高校生受け入れ第2陣。我が家の場合。。

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。