トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  体験談  >  ボルゴグラードの日



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験会“親子で遊ぼう!”のお知らせ | トップページへ戻る | ワールド・キャンパス受け入れ

このページのトップに戻る

ボルゴグラードの日

2009年09月18日

 広島市には6つの姉妹都市があります。
そしてそれぞれの都市に男女1人ずつ
合計12人の「ヒロシマ・メッセンジャー」が選ばれ、
姉妹都市を身近に感じてもらえるよう広報活動を行ないます。

 今年はドイツ・ハノーファー市と
ロシア・ボルゴグラード市のメッセンジャーに
ヒッポのメンバーが申し込み、面接・語学審査を受けて採用されました。

 そして9月13日(日)に記念イベントである
「ロシア・ボルゴグラードの日」が開催され、
メッセンジャーに採用されたヒッポメンバーが司会を務めました。

CIMG0687.jpg

イベント会場では
ボルゴグラード市展示紹介コーナーや
ロシア料理の試食も行なわれ大賑わい。
 ロシア連邦総領事を迎え、
ロシア語ミニ講座やロシア音楽コンサートも開かれる中、

この夏にヒッポの青少年交流で
ロシアに2週間ホームステイに行ってきた子どもたちの
体験報告もありました。

CIMG0691.jpg
CIMG0689.jpg

(ヒッポには小学校5年生から1人で韓国や台湾、
ロシアにホームステイに行くプログラムがあります)

 2人はまず自己紹介をロシア語でしたあと、
スライドを使って自分たちの2週間の体験を生き生きと話してくれました。

「初めはホームシックで早く帰りたかったけど、
最後はホスト家族と仲良くなってもっと一緒にいたいと思った」

「私の話すロシア語がみんなに通じて嬉しかった」

 という話しに、会場からは温かい拍手が送られました。
スポンサーサイト

体験会“親子で遊ぼう!”のお知らせ | トップページへ戻る | ワールド・キャンパス受け入れ

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。