トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  ホームステイ受け入れ  >  アメリカ人高校生受入れ体験!



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の定例活動のお知らせ | トップページへ戻る | 広島市・広島市近郊の8月のスケジュール

このページのトップに戻る

アメリカ人高校生受入れ体験!

2009年08月15日

CIMG0589.jpg


 広島の夏は1年で一番ホームステイの受け入れが多い時期です。
 今年わが家にやってきたのは、アメリカ人高校生。しかも3人!
 高校生というと難しい年頃でもあるし、ホストの私はむしろ彼らのお母さんに近い年代でもあるので、初めは少し緊張しました。
 でもみんなとてもフレンドリーで、買い物に行けば荷物は持ってくれるし、日本食に興味を持って何でも食べてくれるし。

 日曜日には、近所で同じように受け入れをしたヒッポのメンバーと公園に行って、日米対抗ドッジボール大会に、キックベース、スイカ割りもして楽しみました。

 今回おもしろかったのは、彼らからたくさん「若者ことば」が聞けたこと。
近所に止めてあるスポーツカーを見て「Cool!」
わが家のリビングの扇風機を見て「Amasing!」(どこにでもあるごく普通の扇風機なのですが、彼らの家にはそういうものがないので面白かったらしい)
大きなハンバーグを焼いてドン!と出したら「Sweet!」
そして、わが家の子どもが縄跳びの後ろ二重飛びをしているのを見て「Crazy!!」

そのことばを聞いた時、「Crazy」なんて褒めていることばには聞えないな・・・と最初は思ったのですが、日本でも最近の若者が良く使う「ヤバい」という言葉をフト思い出しました。
「ヤバい」ということばも、それだけ聞いていては良い意味で使っているようには聞こえません。
そんなふうに考えていくと、改めて言葉って面白いなあ、日本もアメリカもあまり違いはないのだなあと感じました。
こういう若者ことばは勉強ではまず教えてもらえないけど、実際に人と会って生きたことばをもらえるのは受け入れの良いところだなと改めて思いました。
スポンサーサイト

9月の定例活動のお知らせ | トップページへ戻る | 広島市・広島市近郊の8月のスケジュール

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。