トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  海外でのホームステイ交流  >  2012年春の韓国交流感想②



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”子どもヒッポ”始まりました | トップページへ戻る | 2012年春の韓国交流感想 ①

このページのトップに戻る

2012年春の韓国交流感想②

2012年04月20日

僕は,いとこのYouと,馬山に,ホームステイしました。

移動手段のバスや船の中を含めて全てが楽しかったです。

バスの中は,友達とのおしゃべりや,自己紹介が楽しかったです。

船の中も皆で,話しをしたりして,とても楽しかったです。

でも,もう少しで,韓国につくと考えると,

とても緊張しました。

韓国につくと すぐにお金をかえました。

少しだけ韓国人になった気がしました。

馬山に,行く手段は,とても、かこくでした。

まず,港についてから少し歩いて,地下鉄に乗りました。

地下鉄もずっと立っていたので少しつかれました。

地下鉄が終わると民間のバスで馬山に行きました。

集合場所について10分後ぐらいにお母さんがきました。

お母さんの車の中には日本語がペラペラの友達がいました。

昼ご飯に肉料理のよくわからないものを食べました。

美味しかったです。


家のマンションは16階建の9階でした。

家の中は,とてもきれいでした。

ヨンギュンが学校から帰ってきてすぐ,ジェンガをして遊びました。

楽しかったです。

ご飯を食べた後,お土産をあげました。

とても喜んでいました。

その後,自己紹介アルバムを発表しました。

分からないところは英語で言いました。

みんなが拍手してくれたので,とても嬉しかったです。


次の日,朝からずっと学校に行きました。

クラスの人みんな,歓迎してくれました。

学校で全ての授業を体験しました。わけのわからない授業もありました。

ちょっとした有名人になりました。

給食も食べさせてくれました。とても辛かったです。


次の日も同じ事をしました。

土曜日に,釜山の水族館に行きました。

始めて見る魚がたくさんいました。

電気ウナギを始めて見て、何万ボルトもの電気を出すと知って,とても驚きました。

水族館の近くに海があったので,

ホストの家族と遊びました。とても,楽しかったです。

水族館の帰りにデパートでお土産を買いました。

韓国のりと,辛ラーメンを買おうとしたら,お母さんガ,

「ケンチャナ¥」と言って買ってくれました。

その,デパートの中にあった焼き肉屋で,晩ご飯を食べました。

焼き肉は,本場なので美味しかったけど,寿司は,とてもまずかったです。


次の日は,朝早くからヨンギュンの友達とサッカーをしに行きました。

芝生の場所でやるはずが他の人がしていたので,

学校に行ってサッカーをしました。

普通にいつもやっている事をしただけでみんな

「グット」

「すごい」

と,言っていました。

サッカーが終わると鬼ごっこをしました。

グランドが広かったのでとても楽しかったです。

その後,一度,家に帰って昼ご飯をみんなで食べました。

その後またまた外で遊びました。

野球をしました。上手な人がたくさんいました。

夜,寝る時に,日本のアニメのコナンを見ました。

とてもくつろげました。


馬山のグループは,集合場所が学校だったので

最後の日も学校に行って,授業を受けました。

最後の日の授業でサッカーができたので良かったです。

僕は得点できなかったけど,

ゴールのアシストを上手にできたので,

みんな「すごい」「最高」と,言ってくれました。


別れの時は,たくさんの友達が外に出てきてくれて,

最後まで見送ってくれました。

その時はとても,嬉しかったです。



<感想>

僕は,Youが

「行きたいけど,1人では不安。」

と言っていたので,一緒に行かされました。

なので嫌々でした。

でも,いざ行ってみると韓国の友達もたくさんできたし,

ホストの人達とも仲良くできたし,

韓国の文化を色々体験できてとても,楽しんでいました。

去年は,日本語をしゃべれるホストだったので

言葉はまったく心配ありませんでした。

けれども今年はほとんど日本語をしゃべれないホストだったので,

会話をするときは,英語を使ったり,

簡単なジェスチャーを使ったり,

少しの韓国語を使いました。


<ナオ 12歳>

スポンサーサイト

”子どもヒッポ”始まりました | トップページへ戻る | 2012年春の韓国交流感想 ①

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。