トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  海外でのホームステイ交流  >  2012年春の韓国交流感想 ①



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年春の韓国交流感想② | トップページへ戻る | もうひとつの春交流

このページのトップに戻る

2012年春の韓国交流感想 ①

2012年04月18日


瑞希の韓国交流2012年3月27日~4月3日 327

かん国は、すごく楽しかったです。

特に楽しかったことは、3つあります。

1つ目は、初日(28日)に、

『さくら』をオンマとホストのセナが演そうしてくれたことと、

『アリラン』を歌ってくれたことです。

瑞希の韓国交流2012年3月27日~4月3日 027


2つ目は、ねん土の様なやわらかい石けんを

ホストのセナと一緒にホームステイをしたれなちゃんと

いろんな形を作ったことです。

私は、魚、にこちゃんマーク、ハートを作りました。

3つ目に楽しかったのは、

ファッションショーみたいなことをしたことです。

『セナの手作りドレス』や『かん国の伝統の服』、

『チャイナドレス』、『シンガポールのドレス』などを着ました。

瑞希の韓国交流2012年3月27日~4月3日 157 瑞希の韓国交流2012年3月27日~4月3日 159



お姫様になれた気分でとってもうれしかったです。

3つの中で一番楽しかったことは、

3つ目のファッションショーみたいなことをしたことです。

後、一番おいしかったご飯は、『ちんラーミョン』です。

瑞希の韓国交流2012年3月27日~4月3日 219


『辛ラーミョン』より、全然辛くなくて、

余ったスープの中にご飯を入れて食べました。

とってもおいしかったです。

お土産に『辛ラーミョン』を買ってしまったので、

次に行く時は、ぜっ対『ちんラーミョン』を買おうと思いました。

『ちんラーミョン』の他にも辛いものにちょう戦しました。

『ピビンパップ』です。

いっぱいキムチを入れたらとってもおいしかったです。

それから、かん国で覚えた言葉は、

「チェミッソヨ」と「アッポ」と「チング」です。

「チェミッソヨ」も「アッポ(ヨ)」も「チング」も

かん国に行くまで知らなかった言葉です。

「チェミッソヨ」は、どういう時に知ったかと言うと、

学校に行って、帰って来た時にオンマが、

「チェミッソヨ?」って聞いたので、

心の中で私は、

「チェミッソヨってなんか聞いたことあるなぁ」

って思っていたら、

「ああ、そうだ!楽しいだ!!」

って思ってわかりました。

「アッポヨ」は、

セナがけがをした時に友達が

「アッポヨ?ケンチャナ?」って言っていて、

「アッポヨって何だろう?」って考えていたら、

カバジンのかん国語で

「アア、アッポヨ。(あっ、いた)」っていう所と同じだ!

って思い出してすごくうれしくなりました。

「チング」は、セナに

「フレンド ヌン ハングルマル モエヨ?」って聞いたら

「チング」って教えてくれました。

その時に、かん国の有名なアニメ『ポロロ』の歌を思い出して、

「♪チング ヌン モヤラ♪」

という歌詞が自然に頭の中に出てきて

「ああ、友達って言っていたのか!」と思うと

「アッポ」の時と同じように、すごくうれしくなりました。

またかん国に行きたいです。

次は、1人でホームステイをしたいです。

<みい>
スポンサーサイト

2012年春の韓国交流感想② | トップページへ戻る | もうひとつの春交流

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。