トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  海外でのホームステイ交流  >  私のロシア体験記 1



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の定例会情報 | トップページへ戻る | スザンヌ・フリン教授広島講演

このページのトップに戻る

私のロシア体験記 1

2011年10月31日

広島メンバーのRYOKOちゃんが

この夏ヒッポの青少年交流でロシアにホームステイに行きました。

それを素敵な体験記としてまとめてくれたので

紹介したいと思います。




7/31(日)  広島→ウラジオストック

今日新幹線で東京に行きました。

次にJRで東京駅のはしっこまで行って、

バスで成田空港に行って、ロシアのウラジオストックまで行きました。

まずびっくりしたのは、飛行機からおりた時にすごく寒かった事です。

その後持ち物検査をしました。

でも、怖い顔のおばちゃんがいて青少年のみんながひいたので

おもしろかったです。

その後ジンボウさんとスミレちゃんとマリアちゃん(ロシア人)が

案内してくれました。 道が砂でボロボロでした。

そしてホテルについてピロシキを食べました。

私とバティの、ほのちゃん二人だけの部屋なのに

すごく広くてびっくりしました。

今日はぐっすり寝ました。


8/1(月)  ホテルで対面式 ホームステイ始まる

今日ホテルで寝ていたら、

グループフェローのキョウヘイににドアをたたかれました。

理由は私達が起きるのが遅く

8時に食事をするのに7:50まで寝ていたからです。(@_@;)
 
昨日ロシアの時間で夜の12:30にホテルに着いて

ピロシキを食べてシャワーをして寝たので朝起きるのが

遅くなってしまいました。

でも、5分で着替えて荷造りが出来たので間に合いました。(*^_^*)

朝ご飯を食べた後カチューシャの歌(ロシア語)を

みんなで練習しました。

対面式にはソフィアのおばあちゃんと

いとこの15歳の男の子が来てくれ

ロシアの人の前でカチューシャを歌いました。

対面


歌った後拍手をもらえてうれしかったです。


いとこがスーツケースを持ってくれました。

そしてソフィアと手をつないで歩きました。

家に着くとプレゼントをあげました。

そうすると、すごく喜んでくれました。\(~o~)/

ソフィアは1才年上だけなのに

すごく大きくてびっくりしました。

ロシア人は身長が高いんだな~と思いました。

いとことソフィアと私でボール投げやオセロや私が

あげたトランプでいっぱい遊びました。

ソフィアと私で外に出て森のようなところに行きました。

そこで、ロシアの赤ちゃんがいました。

写真をとろうとしたらもうむこうに

歩き始めてとれませんでしたが、ロシア語で

「どこ行くの?」

と言われました。



<RYOKO>
スポンサーサイト

11月の定例会情報 | トップページへ戻る | スザンヌ・フリン教授広島講演

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。