トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  海外でのホームステイ交流  >  娘がロシアに青少年交流に行きます



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「多言語のボールが飛びかう空間」 | トップページへ戻る | 6月の定例活動情報

このページのトップに戻る

娘がロシアに青少年交流に行きます

2011年06月06日

私達家族は、娘が1歳8ヶ月の時にヒッポに入りました。

ヒッポでは、子どもたちが、小学校5年生になると、

一人で2週間、韓国、台湾、ロシアに、

ホームステイに行くプログラムがあります。


ヒッポの活動の中で、交流に行く準備をして、

帰ってきた子どもたちの報告を聞き、

みんな成長して帰ってきたな~といつも思います。



小学校5年生の青少年交流で、娘にロシアに行って欲しいな~と思い、

娘が幼稚園ごろ交流の申し込みをしていました。


娘が小学1、2年生ごろは、

ロシア行くの自信がないよ~。」

と言っていた時期もありましたが…。


今、その娘も、小学校4年生。


いよいよ、来年、ロシア交流に出かける予定です。


先日、ヒッポの本部から、

「娘さんは、来年ロシアの青少年交流に行かれますか?」

との、確認の封筒が送られてきました。

娘に見せると

「絶対、行くよ~」

と、嬉しい返事が帰ってきました。


ヒッポで育ってきた娘が、

精神的にも成長したな~と感じています。



これからが、娘のロシア交流の、本格的な準備ですね!


(シルビア)

スポンサーサイト

「多言語のボールが飛びかう空間」 | トップページへ戻る | 6月の定例活動情報

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。