トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  多言語の自然習得ってなに?  >  「たくさんの大切な人との出会い」



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島地区・今月のスケジュール | トップページへ戻る | ヒッポファミリークラブ 広島の12月スケジュール

このページのトップに戻る

「たくさんの大切な人との出会い」

2008年12月16日

うちの高2、中3の子ども達がまだ小さい、3歳、1歳の頃にヒッポに
出会い、
面白い学習法だなあ~と思い切って飛び込みました。

入ってビックリしたのは、
「人との出会い」が、たくさんある事でした。

今思えば、人と人とを繋ぐ、大切な道具である「言葉」をやっているの
だから、
もれなく「人」が付いてくるのは「当たり前」、、、、、
なのですが、
当時の私は「語学」だと思っていたので、「話せるようになってから人
と出会う」
ものだと思い込んでいました。

同じヒッポの活動を楽しんでいるいろんな年代の方との出会い。
広島にホームステイで来られた方との出会い。

どれも、とっても大切なものです。

ヒッポの創始者の榊原さんが、赤ちゃんを抱いたお母さんに
「この子がこれから大きくなって行く時に、どれだけの出会いがあるで
しょうね。
そのたくさんの出会いが、この子の財産になりますよ。」
とおっしゃった事を知った時に

「ああ、本当だ!」
と思った事を思い出しました。

私は社交性があまりなくて、
外出もせず、一日中家で刺繍をしたり、縫い物をしていれば大満足!の
人生でした。
(モチロン、本質的には今も同じなのですが、、、)

子ども達が成長して行く過程で、ヒッポに出会えて
私一人では絶対に与える事の出来ない「出会い」をたくさんさせていた
だいて
ホッとしています。
(^^)

記者 無茶
スポンサーサイト

広島地区・今月のスケジュール | トップページへ戻る | ヒッポファミリークラブ 広島の12月スケジュール

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。