トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  チョムスキー博士、スザンヌ博士  >  ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました④



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました⑤ | トップページへ戻る | ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました③

このページのトップに戻る

ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました④

2011年04月20日

 スザンヌさんのオフィス訪問。。
   思いがけなくチョムスキーさんにも出会えて!


チョムスキーさんや、スザンヌさんのオフィス、

言語学科の研究室が入っている建物は、

一度見たら忘れないユニークな形をしてた。

いろんな形の四角い積み木をでこぼこに積み上げたって感じ。

有名な建築家、フランクゲーリーさんの作品だそうです。

6-20110420101740.jpg 
ステイタセンター
中に入っても同じく奇抜な構造、意外なオブジェ。

何かしら洗練されてる雰囲気&空気。

学生さんたちは勉学に没頭してる感があり。

粛々とした雰囲気有り。

7-20110420101901.jpg
ステイタセンター内部
おのぼりさんの見学のようにならないように、出来るだけ静かに、

平静にと時々正気に戻って気をつけてはいるものの、

なかなか正気に戻るのが難しく。

あちらこちらで、

「あーっ!」

とか

「きゃー!」

とか

「見てみて!!」

とか歓声をあげたくなるのを押し殺すのが大変。

あちらこちらで静かに(だったかなぁ~)記念撮影会。。

だから。。やっぱりどうやってもおのぼりさんの集団

ということはばればれなわけで。。

でも、なかなか来れる場ではないので後悔のないようにとも思うし。

ジレンマ。。。

さて、一階からエレベーターでスザンヌさんのオフィスにあがりました。

上がる前に誰か誰かが言語学教授陣紹介のブルテンを見つけました。

チョムスキーさん

「いた!いた!」

ちょっと若めな(失礼!)

スザンヌさんも「発見!」

またカシャリカシャリ。
 
8-20110420101941.jpg
チョムスキーさんの授業風景 

9-20110420102018.jpg 
ブルテン
研究室の並んでいる階に降りると、スザンヌさんのオフィス、

チョムスキーさんのオフィスと教授陣のお部屋が並んでいる。

ドアに表示してある教授の名前で誰のお部屋かが分かると。

「Dr Chomsky」

「 Dr Suzanne Flynn」

の文字に またカシャリ☆

そんな事をやっていたら、スザンヌさんが、

講義かなにかからオフィスに帰って来られた。

あまりに嬉しくってまたみんなでスザンヌさんのオフィスに侵入。

再会を喜んだり、出会いに感動したり。

10-20110420103104.jpg 
スザンヌさんと 。。ロビーに移って、大きなテーブルを囲んでみんなで

スザンヌさんと一緒にお話しました。

「みんな疲れてない?あ~ら・・みんなCoopでたくさん買い物したのね!」

って、みんなを気遣いつつも、このステイタセンターの説明、

この建物には、どんな学科が入っているのかなどの説明してくださったり、

たまたま通りかかった先生を捕まえて

「この人も多言語のこと研究してらっしゃるのよ。」

と紹介してくださったり。

スザンヌさんは、何処までも気さくで、フレンドリーで、可愛い人です。

とっても知的で、鋭くって、凄い研究をしてらして、

普通私達が一緒にお話する事などまずないんだろうけど。。

でも、ちっともそんなのを鼻にかけるところもなく。。

なんて素敵なんでしょ。。

今回ますますスザンヌさんとファンになっちゃった!!

このロビーでのおしゃべりの最中に思いがけない事が起こったんだよ!

なんとあのチョムスキーさんが偶然自分のお部屋から出てらした。

予期しない出来事にみんなびっくり、

そして、ざわざわ、わいわい。。

「出て行かれたって事は、必ず帰って来られるって事!」

ってみんなでちらちらとチョムスキーさんのお部屋方向に

眼をやりつつお話してたら、帰って来られた。

こちらを向いて笑顔でにこにこ!うーん素敵!!

そして、とってもラッキー&行け行けなメヒコからのモニカは、

チョムスキーさんとツーショットで写真を収めました。

ラーッキー過ぎーーーっ!

(続く・・・)

<くにこ>
スポンサーサイト

ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました⑤ | トップページへ戻る | ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました③

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。