トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  チョムスキー博士、スザンヌ博士  >  ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました!②



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました③ | トップページへ戻る | ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました!①

このページのトップに戻る

ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました!②

2011年04月19日

25日(金)朝:ボストンオフィス訪問

次の日(25日(金))朝食後、やっとみんなと会えました。

再会の人あり、初めて出会う人あり。

今回ボストン講演会の旅を一緒に体験できたのは、日本のヒッポから18人

(フェロウさん12名、メンバーさん2名、堅史さん、だいちゃん、アランさん&広島からのおじさん(誰(しぇい)ぁ?!))

メキシコから3名(マルタ&ハビエル(ご存知メヒココーディネーター)

モニカ(メヒコヒッポのフェロウさん))と総勢21名。

それに、ボストンオフィスのエリザベス、

新しいスタッフのメロディも加わって、

とっても素敵なグループが出来上がりました。

一緒にいると何でも出来そうな錯覚に陥り大きな気になる

グループだったよ。

でも、この錯覚大事だよね!

さてさて、みんなそろっていよいよボストンでの冒険の始まりはじまりです。


わくわく!!!

その朝は、我らヒッポのボストンオフィスを訪ねました。

オフィスは、ホテルの近くの地下鉄Central駅から二駅目の

Porterという駅から歩いて15分くらいのところにあります。

晴れてさえいれば、寒くっても楽しく

おしゃべりしつつ歩けばあっという間の距離だったんでしょうけど、

当日は 雨、雨、雨。

道を選んで歩いているにも関わらず、

靴の中まで雨水が浸入してくる。 

それでもてんでに後先になりながらも隣あった人とおしゃべりをしつつ

多言語飛び交う♪飛び交う♪)歩きました。

冒険する仲間との横とのつながりが出来つつ、みんなで新しい経験をする。

これがまた面白いよね。ヒッポの旅の醍醐味です!

そして、わいわいがやがや。。

でも、足は、びちゃびちゃ、ぐじゅぐじゅで

やっとボストンオフィスに着きました。

2+boston+offfice_n_convert_20110419101146.jpg
ボストンオフィス で記念撮影

オフィスに入ると当たり前のことながら、そこはヒッポ。

今までこのオフィスを訪れたメンバーの写真や、交流の写真、

多言語のメッセージで賑やかなヒッポルーム。

「そうそう、これっこれっ!」

ヒッポは人との結びつきが豊かさです。

それにこのな~んでも包んじゃいそうな気前のいい空間は

やっぱり落ち着くんだよね。

オフィスの中にヒッポの活動部屋が在りというべきか、

活動部屋にオフィスが在りというべきか、

どうあれ、ヒッポの活動をど真ん中にボストンオフィスが在りました。


そして、みーんながヒッポルームに集まって、

エリザベスとメロディによる我らのボストン大冒険の

オリエンテーションが始まりました。

スケジュールやら、注意事項(※2)やらついでに意気込みやら

私達のボストン大冒険のこれからがたくさん語られました。

ボストン大冒険のスケジュール、かなり充実してるので、

説明してるエリザベスもメロディも、聞いている私達も時に混乱。

今から起こるだろう様々な場面をシュミレーションしつつ

打ち合わせするうちに、

一体それは、今日行われる事なのか、果たして明日なのか。。

はてさて、いつなのか、さっぱりわからなくなる。

それほど、今回のスケジュールは盛りだくさん!

(=ある意味お得&忙しいとも言う。)

メロディーが最後に

「いろんなイベントがあり、みんなで最高のものにしたいけど、

 何より来て下ったみなさんが楽しんでくださればうれしいです。」

って言ってくださり、オリエンテーションが終わりました。

素敵な心遣いでした。

そうだ!楽しもう!それが成功に繋がる。


3convert_20110419101223.jpg
オリエンテーション風景

そして、オリエンテーションが終わるや否や

(というか、終わらないうちに自然に)

ヒッポファミリー開始の時間になり、そのままヒッポに突入!!


※2:余談ながら面白かったのは、私達がいつも日常的に使ってる
 「family」っていう言葉についての注意。
  日本のヒッポでは、「family」って「ヒッポの集まり」とか
 「ヒッポメンバーの集まりの単位」を意味するよね。
  でも、これを英語圏でそのまま使うと、混乱を招きます。
  だって、英語圏の人にとってはfamily=「家族」。
  ボストンでは、活動の場は「language club」とか、
  活動は「language club activities」とか言うらしいです。
  そりゃそうじゃ。。

      (続く・・・)

<くにこ>
スポンサーサイト

ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました③ | トップページへ戻る | ノーム・チョムスキーさんの講演会に行ってきました!①

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。