トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  ホームステイ受け入れ  >  受け入れの夏!



スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国修学旅行生ホームステイ | トップページへ戻る | 講演会のお知らせ

このページのトップに戻る

受け入れの夏!

2008年08月06日

広島ヒッポの夏は「受け入れの夏」です。

6月~8月までの間に、実に180名近い外国人がヒッポのメンバーの家にホームステイして、家族として過ごします。

7月20日にはアメリカから来た高校生とその先生(約40名)を囲んで、グリーンアリーナで国際交流パーティーがありました。
2日前からそれぞれの家にホームステイし、すっかり仲良くなったホストファミリーを始めたくさんのメンバーと一緒に、いつものヒッポの活動のようにゲームをしたり、踊ったりしたあと、お茶とお菓子で乾杯!

アメリカと言えば「英語の国」と思いがちですが、実際は両親や自分自身が海外からやってきて、今アメリカに住んでいる・・・という人がたくさんいます。
今回の先生や生徒の中にも、英語以外にドイツ語やスウェーデン語、スペイン語などを話せる人たちがいました。
そんな彼らにヒッポがどういう活動をしているか説明し、多言語で話しかけるとみんなとても喜んで「Great!」と言ってくれました。

彼らのほうからも即興で「リンボーダンス」をやってくれたり(これには小さな子どもたちが大喜びして、一時はリンボーダンス大会に!)アメリカのダンスを教えてくれたり、とてもなごやかで楽しい雰囲気のなかで時間はどんどん過ぎ、あっという間にお開きの時間に。
先生からは「ヒッポは素晴らしい活動だ。このような機会を持てて本当に良かった」という感想をいただきました。

そしてパーティーが終わったあと、ゲストの子たちがホストの小さな赤ちゃんを大事そうに抱っこしたり、子供たちと手をつなぎながら帰る姿はまるで本当の家族のみたいで、とても暖かい気持ちになりました。

記事 ゆうゆ
スポンサーサイト

韓国修学旅行生ホームステイ | トップページへ戻る | 講演会のお知らせ

このページのトップに戻る

プロフィール

ゆうゆ

Author:ゆうゆ
「7カ国語で話そう!」のキャッチフレーズでおなじみのヒッポファミリークラブです。

環境があれば、ひとは誰でも何歳からでも何ヶ国語でも話せるようになります。
生まれながらにして、ひとはそういう能力を持っているからです。

私たちは赤ちゃんが自分のまわりの環境の中から
音(ことば)をとりこみ、
母語を話せるようになってゆくやり方(自然習得)で、

複数の外国語を同時に習得しながら

それを生かした国際交流をおこなっています。

今までの文法や単語を勉強する方法とは違って

自然習得だから英語もラクちん!

自然習得だから、「同時に複数の外国語」でも
苦労することがありません。

私たちのふだんの活動の様子をぜひ、覗いていってください。

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。